ビギナー必見!ボストンテリアってどんな犬?

ボストンテリア

一緒に暮らせばどんな犬だって可愛いもの。
でも、犬には各犬種によって標準犬種という規格があり、ボストンテリアも例外ではありません。
よく、きちんとした交配をしたボストンテリアは遺伝性疾患のリスクが低く性格も良い、スタイルも抜群と言われますが、こだわったブリーダーほどこの標準犬種という規格にそって交配されています。

私もこれまでたくさんのボストンテリアの子犬を一般の飼い主さんにご紹介してきましたが、やはり、標準犬種にそって交配された子犬は性格も良く、病気にかかる割合も極端に少ないと実感しています。

よく、「健康で可愛ければ血筋にはこだわらない」と言われるビギナーの方がいらっしゃるのですが、「健康でかわいい」をつきつめれば、結局は血筋にこだわらざろうを得なくなってくるんですね。
その証拠に、2匹目とか飼育経験の豊富な飼い主さんはやはり血筋にこだわられる方が多いのです。

ここでは、そんなボストンテリアの標準犬種を元にし、私の経験もふまえて「本来のボストンテリアってどんな犬なの?」という解説をしたいと思います。

 

 

 

まずは基本から

原産地はアメリカ合衆国。

サイズは、大きく3つに分かれ、成犬標準体重6.8kg未満の軽量級、6.8~9kgまでの中量級、9~11.35kgまでの重量級に分けられます。
最近は、軽量級のボストンテリアがほとんどを占めていますね。

ざっくり特徴をあげると、体長と体高がひとしい正方形(スクエア型)で、足の長さと胴体の長さに釣り合いがとれています。
骨格と筋肉はがっちりですが、フレンチブルドッグのような丸い体型ではなく、どちらかというと引き締まったアスリート体型です。

外観はほれぼれとするアスリート体型

言葉で説明してもなかなか表現が難しいので、ドッグショーでチャンピオンになったボストンテリアの写真をお借りしてきました。(リファインド犬舎提供)

ボストンテリアチャンピオン犬

簡単にJKC発行の犬種標準から抜粋すると・・・

頭部はスクエアで頭頂は平ら。しわはなく、眉弓や両目の間のくぼみははっきり明瞭です。
鼻は幅広く、色はブラック。ただし、赤ん坊の頃はピンクである事も多く、成長とともに黒くなる個体も多くみられます。
歯の噛み合わせは上の歯と下の歯が同じ切端か、やや下の歯が前に出ているアンダーショットとなります。
犬の場合は上の歯がやや前に出ているシザーズが多いので、よく獣医さんから噛み合わせが悪いと誤解されるのですが、これがボストンテリアの正しい歯の噛み合わせです。

目は大きく丸く、色はダーク(暗色)です。まれにブルーアイやバイアイ(片方がブルー)の個体が見られますが、これは標準犬種からは外れますので、両親犬等や過去生まれて来た子犬に目の疾患が無いか、いちおう確認要です。

首は見るからにがっちりしており、背中のラインはほぼ水平、胸のあばらはよく発達し胸底は深いです。
尻尾はつけ根の位置が低く、短く細く先細りです。巻いても真っ直ぐでもどちらでも可、ただし水平より上にはあがっていません。
前足は真っ直ぐ。後足は太ももの筋肉ががっちりしています。尚、狼爪は後で怪我の原因になる事が多いので、生後間もない痛みを感じにくい時期に切除する事も多いです。

毛色は実は真っ黒ではない?

ボストンテリアと言えば昔から黒白のタキシードボディというイメージですが、一般的に黒とされている部分は実は多様に富んでます。
日本のドッグショーレベルでは漆黒はまれな存在で、大部分は少し茶色がかったブリンドル、または黒に近いブラックブリンドルが多くを占めています。
アメリカから輸入される血筋の中にはシルバーブリンドルというものも見受けられますが、私もあまり記憶にないほど少ない毛色ですね。
ですので、血統書記載にはブラックブリンドル&ホワイト、ブリンドル&ホワイトというものが一般的です。

ちなみにペットタイプの血統書で多く見られるボストンカラーという毛色。
有名犬舎の中でもボストンカラーで記載されている血筋もありますので良し悪しではないのですが、個人的には包括してボストンカラーと記載されているより、ブラックブリンドル&ホワイトやブリンドル&ホワイトなどのように具体的に書かれている方が好きですね。

陽気でひとなつっこく、人間臭い性格

血筋によってはよく吠えたり、性格がきつかったりしますが、ボストンテリアはおおむねひとなつっこくて明るい性格です。

時々おとなしい子犬を探される人がいますが、ボストンテリアに関してはそれは期待しないで下さい・・・
子犬の時は特にそうですが、起きている間はいろんないたずらをしますし、いろんなものを破壊します(笑)
おもちゃのぜんまいを一杯に巻いて手を離した時のような、突然スイッチが入る事もありますし、へらへらと飼い主さんに突っかかって行ったりもします。
とにかく元気満点なので、最初はびっくりされるかもしれませんね。

ただし、子犬の時にここまで元気な子はいろんな学習をしますし、人や他の犬にも慣れるのが早いので、少々大変でも、子犬は一番やんちゃな子を選ぶようにしましょう。

そして大人になると、これがまた異常に人間臭くなるんですよね。
よくボストンテリアの飼い主さんから近況のご報告をいただくのですが、表情や仕草で何を考えてるかおおよそ分かるって言われます。
まぁ、決して上品な性格ではありませんが、1日に10回は笑わせてくれる素敵なキャラの持ち主です。

最後に

以上、ざっと容姿や性格についてざっくり書きましたが、ボストンテリアとうまく付き合うためにはおおらかに接するのが一番うまくいくようです。
実際、元々おおらかな人がボストンテリアを好まれるのか、それとも一緒に暮らすうちにおおらかになるのか、私のお客様の多くは愛想の良い社交的な方が多いような気がします。
肩の力を抜いて、自然体で接してあげる事のできるボストンテリアは、きっと多くの豊かさを暮らしに与えてくれる事でしょう。

尚、血筋が良いため出産をお待ちの方も多いのですが、ご希望でしたらボストンテリアの子犬もご紹介できます。ご希望の方はこちらからお問い合わせください。

 

 


The following two tabs change content below.

原田伸一

これまで200匹以上の優秀血統ボストンテリアの子犬を仲介販売し、その後の多くの育児相談を行いながら成長を見守る。日本でもトップレベルのブリーダーとも懇意であり、長年のゴマスリによる信頼度は厚い。明太子は永遠の友。 ・ブランシアン代表・日本ペット通販振興会チーフコンサルタント

関連記事

最近の記事|RECENT

  1. ボストンテリア
  2. ボストンテリア
  3. ボストンテリア
  4. ボストンテリア
  5. ボストンテリア

おすすめ|PICK UP

  1. ボストンテリア
  2. test170219
  3. ボストンテリア子犬
  4. ボストンテリア
  5. ボストンテリア子犬
  6. ボストンテリア子犬
  7. 13628132_1609407586037868_1865782068_n
  8. 442
  9. 16021201
  10. 150822001
ページ上部へ戻る