プロの視点で見る子犬選びの4つのポイント(ペットショップ編)

150729001

こんにちは。
1時間前にペットショップ評論家を兼務した原田です。
はい、勝手に名乗っていますが何か?(笑)

ホームページやブログ等でペット業界を斬る!みたい記事をたまに書いてる関係からか、結構いろんなご相談をいただきます。
先ほどあったのは、「あるペットショップでよさそうな子犬がいたのですが、どう思われますか?」というご相談。

まぁ、実際にその子犬を見ているわけじゃないので良い悪いの判断は付きかねますし、個別にお店の批判をして後で恨まれても嫌ですからね。少し一般的なお話をさせていただきました。
ただ、ご相談いただいた方にとっては目から鱗みたいな話しだったようですので、ちょっとみなさんにもシェアいたしますね。

もっとも、飼育本なんかに書かれている当たり前の事を話してもしょうがないので、ちょっと違った視点でのポイントをお話します。
これから子犬選びをされる方のご参考になれば幸いです。

 

動物取扱登録証を見る

意外とみなさん登録証を見てないようで結構勘違いされている事があります。
ペットショップにも色んな形態があるのですが、よく大手のショッピングモールやホームセンターなどにペットコーナーなんかがありますよね。
で、子犬自体もそのショッピングモールなり、ホームセンターなりが販売している。大きな会社なので安心!というパターンですね。

でも実際は、ペット用品は販売してるけど、子犬などの生体だけ別の業者が販売しているというパターンが結構あります。
これは、いろんな経営戦略もあるのですが、生体販売というのはそもそもクレームが一番多い部分ですから、そちらは外部業者に任せるみたいなところが本音なんじゃないかなと思っています。

ですので、必ずしも大きな会社だから安心とも言えないのです。

そこを見分けるポイントは動物取扱業登録証を確認する事です。
これは掲示が義務付けられていますので、子犬を展示しているスペースのどこかに掲示されているはず。もし分からなければ店員さんに聞いてみましょう。

動物取扱業登録証には販売者の名称や所在地、登録の有効期限等の情報が記載されています。
そのショッピングモール等の評判ではなく、生体を販売している業者の評判をネットやクチコミで調べてみましょう。
当然、売買契約を行う際には告知される内容なのですが、いよいよ購入するかという時にまさかそこまで調べられないですからね。あらかじめ評判の悪い業者で購入する事のないよう、調べておかれるといいですね。

 

展示されている子犬をすべて見る

お目当ての子犬がいたりすると、ついその子にロックオンされてしまいますよね。
その子犬は元気一杯で、見た感じだと健康そのもの! だから安心!

でも、はやる気持ちを抑えて、冷静になってそのお店に展示されている子犬をすべて見てみましょう。

どの子も同じように健康的なら問題はないです。
でも、ぽつりぽつりと不健康そうな子はいませんか? 水のようなゆるいウンチをしていませんか?
どの子もきちんと清潔に保たれていますか?

一度見ただけでは判断できないでしょうから、何度も足を運んで見てみるといいですね。

怖い話し、1匹感染性の高い病気になっている子がいたとしたら、すでにもらってしまってるかもしれませんよ。
そうでなくとも、何度も観察していると、お店の子犬に対する扱い方が分かったりしますので、これはおすすめです。

 

親犬の事を聞いてみる

私もかれこれ子犬を仲介してそれなりの年数が経っていますが、いきなり生後2か月ぐらいの子犬だけを見せられて将来的にどうなるかなんて予想は出来ません。
頭や手が小さいからそんなに大きくならないなんて話がありますが、それは都市伝説ですね。
やっぱり、両親の情報とか、その親犬から過去生まれて来た子犬がどう育っているかとか、やっぱり子犬だけじゃない情報があって推測できるものなのです。
それらの情報が少なければ、正直に私なんかは将来的にはよく分らないってはっきり説明しますよね。
だって、後でお客様から恨まれたくないですもん。

隔世遺伝とかもありますけど、人間と一緒で犬も親犬に似てきます。
容姿もそうですし、性格もある程度は受け継がれます。だから、将来的な姿が気になる方は、親犬の情報は必ず確認なさっ下さい。
できれば、実際に見せてもらえるといいですね。

よくあるんですよ。「この子はそんなに大きくならないですよ~」なんて店員さんは調子良く言いますが、親犬の事を聞いたら「血統書がまだ来てないので分かりません」って・・・
一体、何を根拠に将来の予想をしているのでしょうね。

あと、私たちのようなプロは必ず両親の血統書を確認します。
どんな血筋なのか、どういった掛け合わせなのか・・・ 中にはタブーとされてる掛け合わせを平気で行ったりしてますからね。
ご興味のある方は少し交配についても勉強されてみるといいですよ。

 

最後に、理想的なボストンテリアの体型はこれだ!

いちおうボストンテリアの専門ポータルサイトをうたっているので、最後に理想的なボントンテリアの子犬の体型をお見せします。

150729002

この写真は、多くのペットショップで展示されるであろう生後50日ぐらいの子犬をチョイスしてみました。
血筋がピカイチなので、ちょっとペットショップさんに展示されている子犬ちゃんと比べるのは可哀想なのですが、ころんころんの体型にぜひ注目していただきたいのです。

最近はどんな犬種でも小型の子がペットショップさんでは人気のようで、ボストンテリアについてもしっかり食事を摂らせてないケースがあります。
数値としての体重ではなくて、体型としてころんころんの子をぜひ選んでいただきたいものです。

成長期にしっかり食べてない子は大人になってからも病気にかかりやすい傾向があります。
それに、先にも話したように大きさは遺伝しますからね。食事を抑えても、たくさん食べさせても大きさ自体はなるようにしかなりません。
どうせなら健康な体に育ってもらいたいですよね。

「この子は体重○○gなのでちっちゃいですよ~」って、ガリガリなだけやん!みたいな事は多いので、ぜひお気をつけください。

 

 


The following two tabs change content below.

原田伸一

これまで200匹以上の優秀血統ボストンテリアの子犬を仲介販売し、その後の多くの育児相談を行いながら成長を見守る。日本でもトップレベルのブリーダーとも懇意であり、長年のゴマスリによる信頼度は厚い。明太子は永遠の友。 ・ブランシアン代表・日本ペット通販振興会チーフコンサルタント

関連記事

最近の記事|RECENT

  1. 0072
  2. ボストンテリア子犬
  3. ボストンテリア
  4. ボストンテリア
  5. ボストンテリア

おすすめ|PICK UP

  1. ボストンテリア
  2. test170219
  3. ボストンテリア子犬
  4. ボストンテリア
  5. ボストンテリア子犬
  6. ボストンテリア子犬
  7. 13628132_1609407586037868_1865782068_n
  8. 442
  9. 16021201
  10. 150822001
ページ上部へ戻る